家 売りたい 相談

家を高く売りたいときの相談におすすめの方法

 

家を高く売りたい方にオススメの方法

家 高く 査定

家 高く 販売

不動産 高く 売りたい

不動産 高く 査定

 

わけあって家を売りたいので、できるだけ高く買取ってほしい。
高く買取って欲しいなら、複数の不動産会社から査定してもらう必要があります。

 

でも1社1社に連絡して査定してもらうのは大変ですね。

 

そこで1度の情報入力でまとめて査定ができる不動産の無料一括査定サイトがオススメです!

 

家 高く 売りたい

 

買取り価格というのは会社によって違います。
同じ物件なのに1500万円、1700万円、2000万円と査定額にかなり差が出ることがあります。
差額500万円は、「まあどこの不動産屋でもいいか!」というレベルではありません。

 

大手の不動産会社から地場で経験豊かな不動産屋まで、1200社以上の中から最大6社を選んでくれます。
入力も簡単です。

 

複数の不動産会社から査定してもらうことで、相場や最高値が簡単にわかります。
あなたの大切な家、高く買い取ってくれる不動産屋を探すなら一括査定をぜひご活用ください!

 

 

 

 

抵当権とは

 

抵当権

 

建物の不動産を売却する場合、ローンが残っているかどうかが重要になります。
一軒家やマンションを購入する際、銀行などで住宅ローンを組む人がほとんどです。

 

この時に銀行側は住宅ローンの対象となる不動産(土地・建物)に抵当権を設定するのですが、抵当権というのは何なのでしょう?

 

抵当権とは金融機関から住宅ローンを組んでお金を借りる時に、もし途中でローンを返せなくなった時に、代わりとなる不動産(土地・建物)をあらかじめ「担保」として設定する事です。

 

わかりやすく言うと借金のカタというものでしょうか。

 

住宅ローンの返済が滞った場合は抵当権を持つその不動産を売って、銀行が不利益を被ることがないようにするものです。
つまりは「ローンを払い終わるまでは借金のカタとして、土地や家を預かりますよ」という誓約書ですね。

 

ローンが滞った場合不動産が売られ、この不動産を売ったお金は優先的に銀行への返済に回されるのです。
この時にローン残高よりも高く売れれば、余ったお金は不動産の持ち主に返されるので特に問題ありません。

 

場合によってはローン残高よりも売却額が少ないこともあり、こうなると家を売ってもローンが少し残ります。
以前はローンが残った状態での売却は銀行が抵当権を抹消してくれず難しく、競売にかけられることが多かったのです。

 

しかし今は話し合いによって抵当権を抹消し、任意売却に応じてくれることもあります。
競売は市場価格よりも安く売られてしまうのですが、任意売却であれば市場価格で取引されます。

 

任意売却は不動産の持ち主にとっては、ローンを少しでも減らせる・自己破産しなくとも済むことがあるというメリットがありますし、銀行側にも競売で売るよりもローンの返済額が多くなるというメリットがあるのです。

 

ですから、今後は住宅ローンが払えないと感じたら早めに銀行に相談しましょう。

 

 

神奈川 引越し業者 おすすめ 引越し業者 宮城 安い 自動車保険 通販型 おすすめ 借金 抜け出す方法 ネット 保険 比較 自動車